記事一覧

ジン【2021 新作】スクラッチダイアルを採用したフリーガー「358.SA.FLIEGER.DS」

パイロットクロノグラフの原点を示す「358」に、1点1点手作業でスクラッチ加工を施したダイアルを備えた新作が追加された。それぞれダイアルの模様は唯一無二で、異なる表情を楽しめる。

特別なスクラッチダイアル
 ジンのパイロットクロノグラフである「358」シリーズから、特別なダイアルが与えられた新作「358.SA.FLIEGER.DS」が登場した。

 2011年にブランド創立50周年を記念して発表した「358」シリーズは、1940年代を彷彿とさせるデザインで、パイロットクロノグラフの原点にならうコレクションだ。スーパーコピー時計同社の人気シリーズ「356」のケース直径をコンパクトな38.5mmから42mmまでサイズアップしている。モデル名でもある「フリーガー(FLIEGER)」は、ドイツ語でパイロットを意味する言葉である。


ジン「358.SA.FLIEGER.DS」
自動巻き(Cal.SW500)。25石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約46時間。SS(直径42mm、厚さ15mm)。100m防水。ステンレスブレスレット仕様:58万3000円(税込み)。
 このモデルで注目すべき部分は、スクラッチ加工が施されたダイアルである。1点1点手作業で製作されるダイアルは、ベースカラーを着色した後に傷を入れていくため、ふたつとして同じものが存在しない。そのダイアルが組み込まれた時計は、それぞれが唯一無二だと言えるだろう。

 このスクラッチ加工により、ダイアルのベース素材が変化する光のニュアンスをとらえるため、光の加減や明暗次第でさまざまな表情を見せてくれるはずだ。人気のウブロ 腕時計加工を施した上に目盛りや数字、夜光塗料が塗布されているため、ダイアル自体の視認性に影響はない。

Arドライテクノロジーについて
 Arドライテクノロジーとはジン独自の技術のひとつで、ケース内部を湿気から守るための機能だ。ムーブメントに使用される潤滑オイルは、ケース内部に拡散した水蒸気により劣化してしまい、時計の精度に悪影響を及ぼす。また外部の急激な温度変化により、サファイアクリスタル風防の内側が曇ってしまう原因にもなる。

 ドライカプセル、プロテクトガス、EDRパッキンという3つの技術的要素により、これらの問題を解決した。ドライカプセルには、極小のカプセルの中に特殊な乾燥剤を入れることでケース内部の水蒸気を吸収して湿気を取り除く役割を担う。また潤滑オイルの劣化を引き起こす放電腐食を防ぐため、ケース内部にはプロテクトガス(希ガス)が封入されている。オメガ時計 メンズそしてEDR(超拡散削減)パッキンは、ケース内部への水分の貫通を最小限に抑えるため、ニトリルゴム(NBR)という水分浸透を削減する特殊なゴムが使用されている。

このテクノロジーが搭載されたジンの時計には、ダイアルやケースバックに丸型のArマークが刻印されている(一部モデルを除く)。今作も例外ではない。

ロレックス うならこのモデル!パート

ロレックス 一本目その2.エクスプローラⅡ Ref.216570黒文字盤。

¥978,000
商品ランク中古A
参考定価-円
型番216570
文字盤黒文字盤
ムーブメント自動巻
ケースサイズ42mm
ベルト内周約18 5cm
素材ステンレス
付属品箱 ・保証書 並行:2018年6月印 ・冊子・クロノメータータグ 保証期間当店保証12か月 状態若干の小キズはございますが目立って大きなキズ等は見られない美品です。ロレックス腕時計専門店裏蓋やバックルの一部に新品のシールが残っています。
モデル誕生40周年を迎え登場したRef.216570は、高級感・視認性・使いやすさなど、旧型Ref.16570から大きく変化・改良されました!
斬新なオレンジカラーの24時間針は初代モデルを思い出させてファンならずとも鮮烈なインパクトを与えてくれます。
ケースサイズの大型化に伴って時分針・24時間針・インデックスも大型化され視認性が向上しています。
針・インデックスの夜光塗料は従来のスーパールミノバからクロマライトに変わり、発光色がグリーンからブルーに、発光時間が約8時間と大幅にアップしているんです!
搭載しれているムーヴメントはCal.3187です。
早速トケマーにてcheckしてみよう!

ムーヴメントについて。


ムーブメントも新調されている点は嬉しい。
特に耐磁性に優れて温度変化に強いブルーパラクロム・ヒゲゼンマイが採用されています。
高い耐久性と精度を実現しています!
さらに、耐震特許技術のパラフレックス・ショック・アブソーバが備わっています。
これはロレックスの独自開発であり、耐磁性・耐衝撃性が飛躍的に向上している。

ブルーパラクロムヒゲゼンマイとは?
それはロレックスが独自に開発を行った青色のパラクロム製ヒゲゼンマイ。
ニオブ、ジルコニウム、ハフニウムといった素材で出来た新合金。
例えば衝撃を受けた際の影響が少なく従来のヒゲゼンマイと比較すると、約10倍の耐衝撃性があるんです!

付属品。

箱に保証書が付いてタグも付いてます。
オレンジ色の針が特徴的なエクスプローラⅡ Ref.216570はいかがでしたか?

私個人的には黒文字盤が好きです。
黒とオレンジってめちゃくちゃ相性良い色だと思いませんか??

最近では在庫も かなり少ない 状況。
下記のリンクをすぐにクリック!して確認とお問合せを!
良い個体から売れてしまいます、本当に。

今なお、フューチャリスティック

BULOVA(ブローバ)/コンピュートロン

SSケース、クオーツ、縦40.3×横31.1mm、3万8000円/ブローバ(ブローバ相談室 0570-03-1390)

1950年代半ばから台頭した若者文化は、’60年代末から’70年代にかけて本格的なカウンターカルチャーとして花開いた。

当時のヒッピームーブメントや音楽、アートと結びつき、ファッションも従来の概念から開放され、より自由になった。こうした変革期を迎えたのは時計も例外ではない。

’70年代にはクオーツが登場し、従来の機械式を席巻し始める。こうした電子化によって機構ばかりでなく、発光ダイオード(LED) を用いたデジタル表示も誕生。文字盤から針がなくなることでデザインや機能の自由度が増し、ファッション性も増したのだ。



左右ともにSSケース、クオーツ、縦40.3×横31.1mm、ブラック:2万8000円、シルバー:3万3000円/ともにブローバ(ブローバ相談室 0570-03-1390)
そんな時代を象徴するのが1976年に発表されたコンピュートロンだ。

これを復刻し、台形のケースは手前の側面に時刻表示のディスプレイを備え、リュウズを押すと時分に次ぎ、プッシュ毎に秒や月日、曜日、第二時間帯が表示される。

スマートウォッチが登場した現代でもそのスタイルは近未来のアヴァンギャルドを感じさせる。

すべてのカジュアル派に捧げるハミルトン「カーキ」100型超から有力3本をピック

王道のミリタリーウォッチにして、普遍的カジュアルウォッチ。ハミルトンの「カーキ」を簡単に表現するなら、そのあたりに落ち着くだろうか。

二度の大戦で米国軍に正式採用された“ハックウォッチ”は、名前のとおりカーキカラーの武骨な顔立ちで……。

と、ちょっと待っていただきたい。

この3本、実はどれもカーキなのである。
実は、この歴史的傑作には現在、カラバリを含めて100種類以上のモデルが存在し、あらゆるカジュアルスタイルに対応するマルチプレーヤーでもあるのだ。

今回はその中から有力3モデルをピックアップ。すべてのカジュアル派に捧げたい、カーキの幅広い魅力を見ていこう。



K18レッドゴールドケース、41mm径、自動巻き。217万円/ジャケ・ドロー(ジャケ・ドロー ブティック銀座 03-6254-7288)
JAQUET DROZ
ジャケ・ドロー/グラン・セコンド カンティエーム
アイコンである「グラン・セコンド」は、18世紀後半、中国の顧客に向けた斬新なデザインを受け継ぐ。中国において8はラッキーナンバーであり、これをモチーフにした存在感のあるフェイスに、個性を際立たせるのがグラン・フー エナメルだ。

ジャケ・ドローは18世紀以来この高温焼成のエナメル工程を自社で手掛け、その時代を超越した美しさに伝統が宿るのだ。41mm径のケースに、秒表示とカレンダーを同軸に備える。



K18YGケース、38.5mm径、自動巻き。828万円/パテック フィリップ(パテック フィリップ ジャパン 03-3255-8109)
PATEK PHILIPPE
パテック フィリップ/ワールドタイム Ref.5231
エナメル技法は七宝とも呼ばれ、本作はなかでも特に工芸的なクロワゾネ技法を用いる。この装飾技法は、直径0.5mmにも満たない金線で輪郭線を描き、これを境界線にして釉薬を流し込み、一色ごとに焼成を重ねて、彩色豊かな絵柄を描く。

ダイヤル中央には3大陸を深みのある色で細部まで表現。世界24都市のタイムゾーンがひと目で確認できるワールドタイマーに相応しく、その温もりある美しさにリッチな旅気分が味わえる。

【関連記事】​​​​​​​: 流行の単一の製品ど最新の組み合わせ