記事一覧

スパ抜群デザイン秀逸。だから楽しいカジュアルウォッチはコレ

小難しい話は抜きにして、もっと自由に時計を楽しみたい。気分に応じて着け替えるアクセサリーのような感覚で。

そんな楽しみが待っている、高いコストパフォーマンスとデザイン性を兼ね備えたカジュアルウォッチがコレだ。

WENGER
ウェンガー/シーフォース
新鮮カラーとタフな仕様が真夏のビーチに打ってつけ



SSケース、43mm径、クオーツ。2万5000円/マーサインターナショナル 03-5541-0170
今年で創業125周年の老舗が放つ、ペトロールブルーと呼ばれる独特のカラー。200m防水かつシリコンベルトで海遊びに最適!

TRIWA
トリワ/ナイトプール コレクション
品の良いシャンパンゴールドで都会の夜のプールサイドへ



日本限定100本。SSケース、38mm径、クオーツ。3万円/アイ・ネクストジーイー 03-5496-4317
モデル名のとおり「ナイトプール」を想起させるラグジュアリー感。特製ビーチボールとウエストポーチまで付く太っ腹仕様だ。

BERING
ベーリング/ノーザンライツ
北極の空に輝くオーロラを表現



SSケース、40mm径、クオーツ。2万3000円/アイ・ネクストジーイー 03-5496-4317
純白のなかで輝く真珠母貝のインダイヤル。それはまさに、名前のとおり北極に現れるオーロラ(=ノーザンライツ)のような美しさだ。

TACS
タックス/タイムグラス
ダイヤルの奥行きで遊んだミニマリズムの権化



SSケース、42mm径、クオーツ。2万4000円/マーサインターナショナル 03-5541-0170
すり鉢状のダイヤルは砂時計をイメージしたもの。あえてリュウズを必要としないスイス製ムーブメントを採用し、ミニマルの極みに。

TIMEX
タイメックス/MK1 アルミニウム クロノ
レトロな顔つきのパイロットクロノ



アルミニウムケース、40mm径、クオーツ。1万6000円/DKSHジャパン 03-5441-4515
丸みある風防、独特の光沢を湛えるケース、控えめでも視認性の高い文字盤……。レトロな顔のミリタリーウォッチはやはり外せない!


【関連記事】:あなたと暮らす、夏のファブリック

タグ・ホイヤー「モナコ」誕生50周年モデル、最後の第5弾を発表

タグ・ホイヤーは、アイコニック ピース「タグ・ホイヤー モナコ」の誕生50周年を記念したリミテッド コレクションの締めくくりとなる、第5弾「モナコ 2009–2019 リミテッドモデル」を発表した。スーパーコピーブランド世界限定169 本しか製造されないため日本への割り当て数が非常に少ない激戦モデルだ。

「モナコ 2009–2021 リミテッドモデル」第5弾



世界初の角型自動巻防水時計として1969年に誕生した「モナコ」
 モナコの海を思わせるブルーのダイヤルと視認性に優れたダイヤルを備えた自動巻クロノグラフウォッチで、発表から50年を経た現在も世界中で愛されるタグ・ホイヤーを代表する人気モデルだ。1969年に名優スティーブ・マックイーンが映画「栄光のル・マン(1971年)」の中で着用したことでも有名なモデルだ。

 第5弾のモナコリミテッドエディションは、2009年から2019年までの10年間の時代のデザインコードとトレンドからインスパイアされた。



タグ・ホイヤー「モナコ 2009–2019 リミテッドモデル」第5弾
モナコ リミテッドコレクションは、「モナコ」が誕生した1969 年から現在までを10 年ごとに分け、その時代のトレンドやカラー、スタイル、 スピリットからインスピレーションを得た5つのモデルで構成される。 この第5 弾「モナコ 2009–2019 リミテッドモデル」のデザインは、2010年代の洗練されたデザインの豪華な日常品やシンプルなスタイルからインスパイアされている。bibicopy 届かないブラックのパンチング カーフストラップには同じくブラックの裏地とグレーのステッチを施し、サンドブラスト加工のステンレススティール製ケースにポリッシュ仕上げのプッシャーという、従来と異なる組み合わせになっている。


自動巻き(Cal.11)。SSケース(縦39x横39 ㎜)。約40時間パワーリザーブ。100 m防水。世界限定169 本。705,000円(税別)※国内では直営店と公式オンラインブティックで販売


【関連記事】:流行の復古腕時計

「ティファニー T」コレクションから新作限定ウォッチ「ティファニー T ウォッチ」が登場

モダンでキュートなデザインで人気の「ティファニー T」コレクションから「ティファニー T ウォッチ」が限定発売される。ティファニーブルーのダイアルのほか、日本限定のピンクマザーオブパールのダイアルも存在する。



「ティファニー T」コレクション
 グラフィカルなアングルとクリーンなフォルムが調和して生まれた「ジラール・ペルゴ ロレアート」コレクションは、自由や幸福、愛情、強さといった現代的な女性が求めるものを体現したコレクションだ。2016年にデビューしたこのコレクションは、ここ数年のティファニーを代表するデザインとなっている。デザインしたのはフランチェスカ・アムフィテアトロフ。世界で唯一修士号と博士号を取得できる美術学校ロイヤル・カレッジ・オブ・アートで、修士号を取得している。彼女が実は東京生まれだということも、あまり知られていない。

 数多くのビッグメゾンにデザインを提供してきたフランチェスカ・アムフィテアトロフだが、彼女のキャリアの中で最も特筆すべき部分は、長い歴史を持つティファニーで女性初のデザインディレクターに就任したことだろう。その中で「ティファニー T」は代表作のひとつとなった。在任期間中はレディー・ガガを広告塔に起用したり、ドーバーストリートマーケットとコラボレーションを実施したりと新しい試みを積極的に行った。現在ティファニーのデザインディレクターは2013年までの16年間、コーチのクリエイティブ・ディレクターを務めてきたリード・クラッコフが新設の役職アーティスティック・オフィサーとして就任している。


クォーツ、SS(直径25mm)、3気圧防水、31万5000円(税別)、日本限定50本。
 時計は全部で10タイプのケースが用意されており、ローズゴールドのケースは1点1点にシリアルナンバーが入る。またステンレススティールケースは「Limited Series of 500」の刻印が入る。デザインにおいて最も特徴的なのはやはり、リュウズ部分の“T スマイル”モチーフだろう。ジュエラーとしてのイメージの方が広く知られているが、1847年にティファニーはダイヤモンドのジュエリーより早く時計を作っているメーカーなのだ。これまでも数々の名品時計を生み出してきたティファニーから発信される新たな魅力に注目したい。これらのコレクションは2月7日から順次発売されたのち、3月から世界各国での展開を予定している。


【関連記事】:三重県の高級ブランド情報

ジャガー・ルクルト、更に進化した「マスター・グランド・トラディション・グランド・コンプリケーション」を発表

ジャガー・ルクルトは新しく「マスター・グランド・トラディション・グランド・コンプリケーション」を発売する。これはミニッツリピーターと恒星時表示付きオービタル・フライングトゥールビヨンを搭載したモデルである。ケース素材、ベゼルの仕様違いで2種類が用意され、それぞれ世界8本限定だ。



ジャガー・ルクルト「マスター・グランド・トラディション・グランド・コンプリケーション」Ref.Q5262460
18KPGケースのモデル。ケース構造は2019年に発表した「マスター・グランド・トラディション」のミニッツリピーターと同じものを採用する。滑らかな曲線と大胆にくり抜かれたラグ部分が優雅な印象を与えている。手巻き(Cal.945A)。50石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約40時間。PG(直径45.0mm、厚さ 16.05mm)。5気圧防水。世界限定8本。
150年目に贈る、再解釈されたグランドコンプリケーションウォッチ
 数ある機構の中でも最も複雑で製造が困難とされているもののひとつに、ミニッツリピーターがある。ケースサイドに設けられたレバーを押下することで時刻を音で知らせるこの機構は、小さなケースから大きく澄んだ音を出すために多くのサヴォアフェール(ノウハウ)とそれを実現させるための技術が必要となる。

 ジャガー・ルクルトは、1870年にミニッツリピーター用ムーブメントの開発に成功し、以降現在に続くまで改良を続けてきた。そして150年目を迎える今年、同社はミニッツリピーターに加え恒星時表示付きオービタルフライングトゥールビヨンを搭載した「マスター・グランド・トラディション・グランド・コンプリケーション」を発表した。



ジャガー・ルクルト「マスター・グランド・トラディション・グランド・コンプリケーション」Ref.Q5263480
ホワイトゴールドケースに44個のダイヤモンドをセットしたベゼルを組み合わせたモデル。両モデルとも、ダイアル中央のディスクには、同社の本社があるジュウ渓谷から見た星座が描かれている。画像では7時位置にある太陽型のポインターは、月日、黄道十二宮、24時間表示を担う。
「マスター・グランド・トラディション・グランド・コンプリケーション」は、過去数回発表された同名のモデルに再解釈を加えたモデルである。ダイアル中央に描かれた星座、フライングトゥールビヨン、その周囲を囲む立体的な透かし細工が、見る者を荘厳な宇宙の世界へと誘う。

トゥールビヨンは恒星日に1回、反時計回りに回転する。恒星日とは我々が日常で使用する太陽日の1日24時間よりも僅かに短い、23時間56分4.1秒を1日としているものだ。これは恒星が春分点を2回通過するまでの時間であり、同じ恒星時で見ることのできる星座は常に同じものとなる。そのため、天文学者が星の動きを追うために用いることが多い。



裏蓋はシースルーとなっており、ミニッツリピーターが音を奏でる様子を鑑賞することができる。
 ミニッツリピーター機構には、同社が培ってきたサヴォアフェール(ノウハウ)がふんだんに盛り込まれている。サファイアクリスタルの音質を利用した「クリスタルゴング」が採用され、更にゴング自体の形状を四角形とすることで、安定した大きな音を出すことができるよう工夫されている。そのゴングを叩くハンマーは、中世に城壁を破壊するために用いられた兵器であるトレビュシェットから着想を得た「トレビュシェハンマー」が採用され、打鍵の速度と力を高めている。

 ミニッツリピーター機構は時刻を知らせるものであると同時に、小さな楽器でもある。同社はその哲学に基づき、現行ほぼすべてのミニッツリピーターに遠心力を用いてチャイムを制御する「サイレント・ストライク・ガバナー」を搭載している。これにより雑音を取り除き、美しい音色を響かせることに成功している。

 バリエーションはブラックダイアルと18KPGケースの組み合わせのものと、ブルーダイアルに18KWGケース、バゲットカットダイヤモンドをべセルにセットしたものの2種類が用意される。各8本のみの限定生産となる。

フランク ミュラーのレディスウォッチコレクション「ハート トゥ ハート」に新作モデルが登場

フランク ミュラーのレディスウォッチコレクション「ハート トゥ ハート」に、これまでのデザインを一新しダイアル中央にハートモチーフを配した新作モデルが登場した。立体感のあるインデックスとハートモチーフは、コレクションのテーマである“愛”にふさわしい真紅で彩られている。



インデックスとダイアル中央のハートモチーフは、手作業によって艶やかかつ立体的に仕上げられている。ギヨシェ模様には数字の透かし彫りが施され、個性的な表情を見せる。


ロマンチックなハートをあしらった「ハート トゥ ハート」コレクション
「ハート トゥ ハート」は、フランク ミュラーのアイコニックなコレクションである「トノウ カーベックス」のフォルムを受け継ぎ、2007年に誕生したコレクション。20世紀初頭に流行したアールデコ様式を取り入れ、独自の3次曲線による立体的なフォルムを持つトノウ カーベックスケースは、同社の創業者であるフランク ミュラーが20代の時に創作した時計ケースである。ハート トゥ ハートコレクションでは、このケースフォルムのサイドに膨らみをもたせることで、レディスウォッチらしい柔らかな表情を生み出している。



フランク ミュラー「ハート トゥ ハート」Ref.5002SQZHTOH OAC
クォーツ。SS(縦31×横26mm)。日常生活用防水。54万円(税別)。
 また“愛”をテーマに掲げ、名前のとおりダイアル上のどこかにハートモチーフが配されていることも特徴のひとつ。そこには同社の「情熱的な思いを大切な人に贈ってもらいたい」というメッセージが込められている。これまでのモデルではインデックスにハートがあしらわれていたが、今回発表された新作ではそのデザインを刷新。ダイアル中央に描かれた二重のハートを、情熱的な思いを表現するかのような真紅が彩る。温もりを感じるデザインで、女性の手元を彩る1本だ。


【関連記事】:紳士推薦します