記事一覧

今なお、フューチャリスティック

BULOVA(ブローバ)/コンピュートロン

SSケース、クオーツ、縦40.3×横31.1mm、3万8000円/ブローバ(ブローバ相談室 0570-03-1390)

1950年代半ばから台頭した若者文化は、’60年代末から’70年代にかけて本格的なカウンターカルチャーとして花開いた。

当時のヒッピームーブメントや音楽、アートと結びつき、ファッションも従来の概念から開放され、より自由になった。こうした変革期を迎えたのは時計も例外ではない。

’70年代にはクオーツが登場し、従来の機械式を席巻し始める。こうした電子化によって機構ばかりでなく、発光ダイオード(LED) を用いたデジタル表示も誕生。文字盤から針がなくなることでデザインや機能の自由度が増し、ファッション性も増したのだ。



左右ともにSSケース、クオーツ、縦40.3×横31.1mm、ブラック:2万8000円、シルバー:3万3000円/ともにブローバ(ブローバ相談室 0570-03-1390)
そんな時代を象徴するのが1976年に発表されたコンピュートロンだ。

これを復刻し、台形のケースは手前の側面に時刻表示のディスプレイを備え、リュウズを押すと時分に次ぎ、プッシュ毎に秒や月日、曜日、第二時間帯が表示される。

スマートウォッチが登場した現代でもそのスタイルは近未来のアヴァンギャルドを感じさせる。

コメント一覧

時計業界の新作発表 Eメール URL 2021年07月16日(金)16時25分 編集・削除

腕時計に関する情報をまとめたメディアです。腕時計に関するライフスタイル提案から、今さら聞けない知識など、腕時計が大好きな方へ情報を発信しています。